MA-500TRJ 簡易型AISトランスポンダー(2W) (簡易型船舶自動識別装置)【送料無料】

価格: ¥162,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

MA-500TRJ

日本語表示の簡易型AISトランスポンダー

  • 日本語表示
  • IPX7
  • 無線従事者免許不要 ※
  • 2波同時受信
  • 衝突警報機能搭載

※ 設置するには特定船舶局の免許申請が必要です。


AISとは

AISとは AIS(Automatic Identication System:船舶自動識別装置)とは、自船や周辺海域を航行する他船の位置、船速、針路、大きさなどの情報データをVHFの無線電波帯で送受信するシステムです。
AISには、船舶、海岸局、航路標識、捜索救助艇とSARTの5種類があり、国際的に船舶にはクラスAとクラスBの2つがあります。日本国内の船舶には、クラスAと簡易型AIS※1の2つのクラスが認められています。 クラスAのAISトランスポンダーは、SOLAS船(大型船舶や国際航路に従事する船舶や、旅客船など)向けで、搭載することを義務付けられた船舶用です。簡易型AISトランスポンダーは、SOLAS船以外の大型船と小型船舶(ヨットやボート、漁船など)向けで、任意にAISトランスポンダーを搭載する船舶用です。 このため簡易型AISトランスポンダーはクラスAと比べると送信するデータの中身や頻度が簡略化されています。
AISデータを受信すると、周辺を航海する船舶の情報を画面上で確認することができ、込み合った海域や海岸線が入り組んだ狭い海域、夜間や霧などの視界がない状況でも、安全に航行することができます。従来のレーダーでは見分けのつかなかった波と小型の船舶や、レーダーでは届かなかった島や大型船の裏側が”見える”※2ことになり、小型船舶にとっては自船の存在を大型船に認識してもらうことで衝突を回避することができます。

※1 簡易型AISは、クラスBでは任意の扱いとなっているいくつかの受信情報を標準で受信します。
※2 AISデータを送信しない船やブイや岩礁はAISトランスポンダーでは表示されません。


主な特長

■簡易型AISトランスポンダー(簡易型船舶自動識別装置)

自船の船舶情報が移動速度に応じて、30秒~3分間隔で自動的に送信されます。また、2つのAISチャンネル(CH87B、CH88B)で、クラスA、クラスBのAIS情報を2波同時受信します。これにより、AISを搭載してる船舶の情報を知ることができます。


【MA-500TRJの送信情報】
静的情報 動的情報
  • MMSIコード
  • 船名
  • コールサイン
  • 船の種類
  • 内部/外部GPSアンテナの設置位置
  • 緯度/経度
  • 対地速力/対地針路
  • 測位精度
  • GPSレシーバーの種類

■大型フルドット・マトリクス表示で簡単操作を実現

大型フルドット・マトリックスディスプレイ(128×128ドット)上に、自船位置および周辺のAIS対象船の情報をリアルタイムで表示します。また、夜間でも見やすいようにディスプレイと各ボタンの明るさ(7段階)とディスプレイのコントラスト(8段階)を調整できます。本機にはプロッター画面、ターゲットリスト画面、危険船リスト画面の3種類の表示タイプがあり、[表示切替]ボタンで表示タイプを切り換えることできます。また、詳細画面では選択された船の船舶情報が表示します。
クラスAの船舶詳細画面

※ 簡易型AISの船舶詳細画面は、目的地情報画面とその他の情報が一部省略されます。


■CPAとTCPAの衝突警報機能搭載

CPA(自船との最接近ポイント)を0.1海里~6海里、TCPA(CPAに到達するまでにかかる時間)を1分~60分に設定することができます。AIS対象船が設定した両条件の範囲よりも近づいた時には、警告音で知らせます。また、プロッター画面上では、CPA=6NMとTCPA=60min両条件の範囲より近づいた時に、すべてのAIS対象船を点滅して知らせます。


■最大100のウェイポイントを登録可能

最大100の位置情報を登録することができ、ディスプレイ上には旗のマークで表示されます。
また、[MOB]ボタンを押すと現在位置をウェイポイントとして登録できます。


■メッセージ受信機能

AISトランスポンダー搭載船や海岸局から安全航行関連のメッセージを受信できます。メッセージを受信するとメッセージアイコンが点灯します。受信したメッセージは最新の20個が自動的にログメモリーに保存されます。


■IPX7の防水性能

バッテリーパックを正しく装着した状態で水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として機能することです。(コネクター部は除く)


■NMEA0183対応の入力/出力ポートを3系統装備

本体背面に15ピンD-SUBコネクター(NMEA入力/出力ポートを3系統)を搭載。レーダーやパソコンなどへの外部出力、外部GPSとの接続が可能です。データ速度はNMEA1およびNMEA3ポートは、4,800bpsと38,400bpsから選択でき、NMEA2ポートは38,400bps(固定)です。


おもな付属品

  • GPSレシーバー MXG-5000SJ
  • NMEAコネクターケーブル
  • 本体取り付けブラケット一式
  • DC電源ケーブル
  • 取扱説明書
  • 申請書類一式
  • 保証書


仕様

    MA-500TRJ
一般仕様 周波数範囲 161.975、162.025MHz (初期値)、
161.500 ~ 162.025MHz
電波の型式 16K0F1D (GMSK)
消費電流
(DC12.0V時)
送信時 1.5A以下
受信時 0.7A以下
電源電圧 10.8~15.6V DC (マイナス接地)
使用温度範囲 -20℃~+60℃
アンテナインピーダンス 50Ω不平衡
防塵/防水準拠規格 IPX7※1
寸法 (突起物含まず) 165(幅)×110(高さ)×123(奥行) mm
重量 約1.0kg
入力端子 D-Sub15ピン (高密度タイプ)
送信部 送信出力 2W
変調方式 GMSK変調
スプリアス発射強度 -36dBm以下
受信部 受信感度 -110dBm (20%パケットエラーレート時)
相互変調特性 65dB以上
スプリアス妨害比 70dB以上 (AIS)
70dB以上 (DSC)
隣接チャンネル選択度 70dB以上
スプリアス発射強度 -57dBm以下 (AIS)
GPS受信部 受信チャンネル 66チャンネル
WAAS、EGNOS、MSAS、GAGAN
受信周波数 1575.42MHz
受信コード L1、C/Aコード、SPS
インターフェース
(データ入力)
NMEA1、NMEA3 4,800bps (IEC 61162-1) または
38,400bps (IEC 61162-2) から選択
(初期値:4,800bps)
NMEA2 38,400bps (IEC 61162-2) (固定)
センテンスフォーマット NMEA1~3:
RMC、GGA、VTG、GSA、GSV、
GBS※2、DTM、GNS、GLL
入力レベル (2V時) 2mA以下 (2V供給時)
インターフェース
(データ出力)
NMEA1、NMEA3 4,800bps (IEC 61162-1) または
38,400bps (IEC 61162-2) から選択
(初期値:4,800bps)
NMEA2 38,400bps (IEC 61162-2) (固定)
センテンスフォーマット NMEA1:
DSC、RMC、GGA、VTG、GSA、GSV、
GBS、DTM、DSE、GNS、GLL

NMEA2:
VDM、VDO、ALR、ACA、ACS、TXT、
RMC※3、GGA※3、GNS※3、GLL※3、VTG※3
GSA※3、GSV※3、GBS※3、DTM※3

NMEA3:
RMC、GGA、VTG、GSA、GSV、GBS、
DTM、GNS、GLL
出力レベル 5V/最大40mA (RS-422平衡タイプ)

※1
バッテリーパックを正しく装着した状態で水深1mの静水(常温の水道水)に静かに沈め、30分間放置したのちに取り出して、無線機として機能することです。
※2
GPSレシーバーからの位置情報にGBSセンテンスを含んでいない場合、GPSレシーバーから位置情報を受け付けません。
※3
イニシャルセットモードの「AIS Output」項目で、 「AIS+GPS」を設定している場合だけ出力します。
 ・
本製品はIEC62287-1に対応しております。
 ・
定格・仕様・外観等は改良のため予告なく変更する場合があります。

■簡易型AIS 開局申請手続きについて

簡易型AIS 開局申請手続きについて 無線局(特定船舶局)を開局するに当たっては、電波法による手続が必要です。なお、無線従事者資格は不要です。詳細については右バナーをクリックしてご確認下さい。

 

■簡易型AIS 操作ガイドムービー

DSC操作ガイドムービー 船舶用システム DSCの操作がわかるよう、操作ガイドムービーをご用意しています。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

納期その他お問合わせ先

080-6194-2191

受付時間 10:00~17:00
(土日祝祭日弊社休日除く)

お見積りをご希望の方

会社や自治体・学校など複数ご購入を検討されている方はお問い合わせ下さい。

ページトップへ